債務整理時のブラックリストとは

よく知られている債務整理時のブラックリストは、実際にそのようなリストが存在する訳ではなく、信用情報機関が所有する登録情報の事を言います。

信用情報機関は復数ありますが、所有する情報は多くが共通しているため、1つの信用情報機関に掲載されている情報は他の機関も所有しているケースが少なくありません。

FC2まとめに関する情報が閲覧できます。

貸金業者は新規の借入れ申し込みがあった際に、それら信用情報機関に登録情報を照会して与信判断を行っています。



債務整理を行うと、その手続の種類によっては信用情報機関に情報を登録されるため、新規の借入れが一定期間できなくなるため注意が必要です。

掲載される期間は信用情報機関ごとに異なっており、自己破産・個人再生・任意整理の手続きの違いによって掲載期間が違ってきます。

また一部の信用情報機関は手続きによっては掲載しないケースもありますが、基本的には債務整理を行った場合は信用情報機関に情報が登録されると考えた方が良いでしょう。


具体的には自己破産は5年から10年、個人再生は掲載しない信用情報機関もありますが、最長で10年、任意整理は掲載されないか、5年の掲載期間が信用情報機関ごとに設けられています。

債務整理に有効な知識の紹介です。

ブラックリストを必要以上に気にする必要はありませんが、債務整理時には今後の借入の制限への影響を考えておくことも重要です。


そのため債務整理をしたことによる、後々の影響について司法書士といった専門家のアドバイスもよく聞いて手続きを進めることが求められます。